種類と利用の声

種類による仕様

介護サービスはひとつだけはなく居宅介護や訪問介護や通所介護といったものがあり、介護サービスによってやり方だけでなくそれに必要なものなどが大きく異なってきますので、受けている介護サービスによって介護請求ソフトの仕様を合わせなくてはいけません。
このことは提供している介護サービス以外に対応しているソフトを使用してしまうと作業が手こずることになるだけでなく色んなトラブルが発生することがあることから、このようなことが言えます。
ソフトでは介護サービス受ける側だけでなく行う側のスケジュールの管理を行うことも出来るので、ソフト選びは慎重に行わなければなりません。
また、介護請求ソフトの使い勝手はどのような感じなのか気になる場合には無料体験版で動作方法をチェックし、ソフトの使用をするかを決めることも良い方法です。
企業によっては無料体験版で使用していたデータをそのまま購入した介護請求ソフトに引き継いで使用する事も可能です。
すぐに購入やレンタルをするのではなく、まずは体験版で動作方法を確かめてから決める方法もあるということを覚えておくことです。

利用者の声

実際に介護請求ソフトを導入してすごく助かったという声は多く出ています。
それだけでなくケアマネの仕事で多く出る事務作業が減ったことで残業が減らせたことだけでなく、空いた時間を介護サービスの利用者と向きあう時間が増えた、台帳の印刷費用や郵送費用といったコストを削減できたという喜びの声も沢山上がっています。