ソフトの機能について

選ぶ前に

介護請求ソフトには、パソコンにインストールをして使用するパッケージ型とインターネットを経由して使用するASP方式のタイプの2種類があります。
実際に介護請求ソフトを使用する際には使い勝手の良いものを選ばなくてはなりませんが、どういったものを使用したら良いのか悩む方は沢山います。
ソフトを使用することで負担が軽くなるだけでなく作業効率が上がる、それだけでなく個人情報漏洩を防ぐためにセキュリティの面でも安心するころが出来るので、ソフトはしっかりと考えて選ぶことが大事になります。
インターネット上には介護請求ソフトを取り扱っている業者のホームページも多く、取り扱っているソフトを比較していくだけでなく、資料請求などを使って、ソフトを選んでいくことです。

搭載されている機能

介護請求ソフトには様々な機能が搭載されていますが、主に搭載使用されている機能は5つあります。
それは居宅介護支援機能とサービス管理機能、利用者請求管理機能や国保連電装機能、そして保険給付・請求管理機能になります。
この5つの機能は、介護サービスを利用している高齢者の情報だけでなく関わりのある施設や業者の情報も管理をしており、国保連に提出をしなくてはならない台帳の作成や管理も行えます。
主に搭載されている機能ではあるのですが、これらが全てのソフトに搭載されているわけでなく、ソフトによって機能の詳細や使い勝手も異なってきますので気をつけて下さい。